岡山終活総合サポートなでしこが「遺言書・贈与・相続」について詳しくご説明します。

TEL0120-123-219
受付:9:00~21:00 お気軽にお電話下さい

「遺言書」がないと相続トラブルに?

「うちには相続なんて呼べる財産なんてないから遺言書なんて関係ない」
相続でもめない自信がある方は、このような考えをしておりませんか?実際、家庭裁判所に持ち込まれた遺産トラブルのうち、遺産が1千万以下が30%強、また全体の約75%は遺産が5千万円以下となっています。

「遺産が少ない人ほどもめやすい!」これが現実です。

遺産が少ないほど揉める?

少額財産な方の遺言書作成率は、財産がある方の遺言書作成率と比べとても低く、遺言書が無かったために、仲の良かった兄弟姉妹が相続争いを起こすことも珍しくありません。
不要な相続争いを未然に防ぐためにも遺言書作成をしておきませんか?

遺言書はすべての人が遺すべきか?

岡山終活総合サポートなでしこでは、遺言書は残しておいた方が良いものと考えますが、すべての人が遺言書を残す必要があるのでしょうか?そんな疑問に岡山終活総合サポートなでしこの考えをお答えいたします。

遺言書を残さなくても問題ない例

1 なるようになる事が望ましいと考える場合

遺言書を残して自身が亡くなった後の事を気にするより、物事はなるようになる物であると考える方はその考えを尊重することも大切です。

2 法廷相続人が1人の場合

例えば、自身の実子が1人だけで、その子が唯一の相続人なら遺言は不要です。ですが、離婚歴があり前妻(前夫)との間に実子がいる場合には事情が変わります。

法定相続人がいない「おひとりさま終活」は要注意

財産を相続する人がいない「相続人不存在」の場合、最終的に財産は国に納められることになりますが、最高裁判所によると平成24年に国庫に入った額は約370億円を上回りました。「家族がいなくても、縁がある人に財産を分けたい」と考える人は少なくないと思います。財産を残したい人がおられるのであれば、遺言書を作成されることをお勧め致します。

公正証書遺言と自筆証書遺言のメリット・デメリット

遺言書には大きく分けて、「自筆遺言」、「公正証書遺言」があります。

自筆証書遺言

交渉立会人 不要
検認 必要
注意点 ・全て自筆で記入する(代書やパソコン・テープレコーダーは無効)
・必ず日付(年月日)を記入する(平成日と記載、※西暦でも可)
※「平成月吉日」という書き方では無効
・遺言書には署名・押印をします。
メリット  証人に内容確認をしてもらう必要がないので遺言の内容を秘密にできる。
 公証人が必要ないので、費用がかからず作成できる。
 後から遺言を変更したい場合も、気軽に新たな遺言を遺すことができる。
 いつでもどこでも手軽に作成できる。
デメリット × 遺言書記載内容の方式に誤りがあると、遺言書が無効とされる危険性がある。
(遺言書の有効性をめぐる訴訟に発展する事態もあります。)
× 遺言が有効なものか家庭裁判所の検認が必要。
× 相続人に不利益なな内容ならば、偽造または、捨てられてしまう恐れがある。

公正証書遺言

交渉立会人 必要
検認 不要
注意点 ・実印や印鑑証明書など必要な書類を用意する
・証人が2人以上必要
メリット  公証人立ち会いの下作成されるので、遺言書はまず無効にならない。
 遺言書の原本が必ず保管されるので、滅失、隠匿、偽造、変造の恐れがない
 遺言内容を実行する際に検認が不要で、すぐに手続きができる。
 遺言に書きたい内容を公証人に伝えるので、自筆で書かなくてもよい。
デメリット × 公証人と、証人2名の立ち合いが必要になるため、遺言を秘密にできない。
× 公証人に支払う報酬など遺言書の作成費用がかかる。
× いつでもどこでも遺言書が作成できるというわけではない

相続手続の流れ

相続手続きの流れ

検認とは?

遺言書の保管者や、これを発見した相続人がすみやかに遺言書を家庭裁判所に提出して、遺言書の偽造・変造等が無いか確認するための手続です。※検認に必要な費用と、1カ月以上の期間かかります。

自筆証書遺言は無効となる可能性が!?

公的証書遺言は安全・安心・確実

自筆遺言は、せっかく「言いたいこと」がわかったとしても、法的な要件を満たしていなければ、「無効な遺言書」となってしまいます。また、遺言書の有効性をめぐり裁判に発展する事態も少なからずあります。
岡山終活総合サポートなでしこでは、遺言書の有効性をめぐる相続争い防止の観点から公正証書遺言を作成されることをお薦めいたします。

遺言書作成サポートパック

岡山終活総合サポートなでしこの遺言書サポート料金は、下記のようになっております。また、公正証書遺言作成以外にも、自筆遺言の書き方アドバイス、遺言書の検認、遺産相続、生前贈与サポートなども行っております。まずはお気軽に無料相談をご利用ください。きっとお役に立てると思います。

遺言書作成パック(公正証書)

サービス内容 料金
 遺言に関するご相談
 公正証書遺言案作成
 遺言書に関するアドバイス
 財産の調査
 遺言の効力の確認
100,000円~

※正確なサポート料金は財産価額に応じます。
※証人手配、市役所や法務局等にて必要となる費用や手数料、その他必要書類の取り寄せ時にかかる郵送料、交通費などは、別途ご負担願います。

岡山終活総合サポートなでしこでは終活に関する業務を行う、士業の方々と提携しております。士業の方々にも得意分野、専門分野があります。弊社にご相談頂ければ、お悩みに沿った専門家とスムーズに進められるよう手配することができます。

遺言書、相続、贈与などお困りのことがございましたらなんでもお気軽にご相談下さい。

お問い合わせは0120-560-562までお気軽に!

↑ PAGE TOP